電気設備の積算ソフトで正確な単価確認とシミュレーションを実行

正確に計算できる

男性

電気工事を行なう際は、積算書と呼ばれる書類を準備することが一般的です。工事の内容によって原価や単価を算出し、ソレに適した工事内容を決めていくことが必要とされるので、大事な書類でしょう。ただ、この積算書の作成は複雑であり、アナログな方法で計算したら途方も無い時間が必要になります。それに、人為的なミスのリスクもあり、積算書のミスから電気工事での重大な欠陥に発展することも否めません。ですから、このあたりは正確に計算することができる方法を選ぶことが肝心です。最近は、電気設備に対応した積算ソフトがあり、基本項目を入力したら自動で計算できるようになっているから便利で使いやすいです。

電気設備の積算ソフトは、その需要の高さからフリーソフトまで登場しているほど。しかし、企業内で使うソフトとしては、システムやセキュリティの観点が大きく心配されるところです。ですから、できるかぎり安全性の高いものを選ぶのがいいでしょう。有料版になりますが、専門会社の積算ソフトなら細かな単価マスタ設定をした上で積算することができるので、シミュレーションがしやすいですし正確です。さらに、見積書の作成まで完全自動化できるものがあるので、業効率がアップすることは間違いありません。また、基本機能に加えてほかの管理システムと連動させることができるものもあるので、選び方次第で使い勝手がいいはずです。このあたりは、各専門会社で展開されているソフトの特徴を調べて、使用する機能が搭載しているものを選びましょう。

複雑な計算処理をなくす

男性

毎月やってくる大変な経費処理の負担を軽減させる方法として、給与計算アウトソーシングがあります。システム型なら企業独自で処理が必要な方法も対応できるので、自由自在に使いこなすことが可能です。

» 詳細へ

システムの活用

パソコンを操作する人

今やどの企業も導入しているクラウド型の勤怠管理は、サーバやネットワーク機器の設備を準備しなくてもいいところが魅力でしょう。システムも自社の希望に応じて組み換えできるので、使い勝手がいいから選ばれています。

» 詳細へ

内部情報の一元化

ウーマン

企業が大きくなるに連れて、いろんな部署が誕生します。それらを全部社長を始めとする幹部社員が管理するのが難しくなります。そこで、ERPパッケージを導入すれば、リアルタイムで業務状況を把握できます。

» 詳細へ